「鶴の恩返し」禁止の物語音声セミナーの感想

息子がとても良くなっているので、感謝しております。禁止の扉は結構きついけれど、開いて良かったと実感している私です。自分の禁止の扉は何なのか?これから考えて頑張りたいです。実は英語はダメっという禁止の扉は開いた所です。

何だか凄くよく分かりました。旦那がモラハラで長男は起立性調節障害、次男と三男は発達障害になっていまして、ずっと迷っていましたが、それがこういったことだったんですね。やっと、扉を開ける決心がつきました。ありがとうございます。

まさか鶴の恩返しの話がアニマとアニムスの統合の話に発展するとは思ってもみませんでした。
私は会社経営をしている男性で既婚、子供もおりますが、ここ数年、日々アニムスを実感しながら仕事に子育てに奮闘しております。

この話、ビジネスにも非常に大切なエッセンスが含まれていますね。
今後のビジネス展開の参考にさせて頂きます。
貴重なお話、有難う御座いました。

今までの話もそうですが、物語の中にある深い意味を、知ることが出来て良かったです。

ずっとメルマガの読者です!確かモラハラだった彼氏のことを調べてたどり着いたと思います。
随分昔のことですが。

でもお陰で、性格は脳みそで作られて、脳みそは食べ物で作られるという当たり前のことを知りました。

当時は腹さえ満たせれば、食べるものなんか何でもよいと思っていました。
今回の音声はその通りだな、と思ったんですが、初めて肉声を聞けたことがうれしかったです!

文字より音声の方が色々伝わることが多いので、今後も引き続きこんな配信をお待ちしています!

とても興味深いお話を有難うございました。夫が移り変わる現実を受け入れられず、いつまでも一定地点での考えにこだわっているのはそういうことなのか、と合点がいきました。だから、自分の中に受け入れられないことが起きると、全てを私のせいにするのですね。

また、視覚に偏っている、というお話にも納得がいきました。中1の娘が三半規管に左右差ができてしまってめまいが起こっております。視覚優位だったからこその病気なのだ、と感じました。娘は、父親(私の夫)から理に合わないことを言われると、聞かないようにしています。そのこともこの病気と関係があるように思えました。

見るなの扉を、私自身が開けようと思います。

パンドラの箱は開けなければ意味がないのですね
でも開ける前に予測できれば、もっといいですね

いつもメールやお便りを楽しみにしています。
私は聴覚優位なので音声で、しっかり聴けましたよ。

また、先生の声はとても聞きやすかったです。
禁止のお話、とても納得です。

滑舌大丈夫です。聴きやすかったです。

昔から言い伝えられる事には、教えが有り法則があると思います。
どうやったら主人に伝わるのか?悩ましいところです…(;´д`)

視点を変えることの寓話だとは知りませんでした。身近にも自分の経験を絶対視する人がいますが、いろんな人がいることを知らないんだなと困っていました。

盲従するな、明従せよ。という言葉がありますが多面的に観ることの重要性を痛感します。

先生の後輩Aさんのお話はよくある話と思いました。
病院の先生から見たら、A さんの行動は、さぞ不愉快な思いで過ごしていたとも思います。

99.99%の恩恵を病院から受けていながら、胡坐をかいていたのかもしれません。人の褌で相撲を取っていたのかもしれません。

病院の先生より羽振り良く生活できていたにも関わらず、感謝の気持ちが伝わっていなかったのかもしれません。
今が良ければと、目先の夢を見ていたと思います。

病院の先生、看護師、患者さん達に感謝して、徳積みを忘れています。

振り子が最高に振れ、何もしないでいたら、大きく最悪に触れるのは当たり前です。
最高に振れた時こそ、色々な障子を開けて陰徳を積むべきでした。衝撃は減ります。
周りに応援していただけるような、行動をすべきだったと思います。

個々の人生、バブルの時の過ごし方で、沢山の障子を開けて学んだ人は後半の人生が違ってくると思います。
他人ごとではありません。

こうゆう機会をいただきありがとうございました。
再認識させていただきました。

自己の統合は非常に大切だと思います。これからも成長し前向きに進める気がしました。ありがとうございました!

「なるほど」と思いました。今自分が悩んでいる事に当てはまる内容だったので、私も「襖を開けてみようかな」という気持ちになっています。確かに視覚、見えるものの情報に偏りすぎていて判断を下せずぐるぐると同じところでまわっているような気がしました。「うまくいっているのは誰のおかげ?自分の実力?」ということを脳で感じてみようと思います。いつも為になる記事や音声ありがとうございます。

はじめて音声セミナーを拝聴しました。
内容を文章でみるのではなく、音声で耳で聴くことに
おもきを置くとの事に、とても納得しました。
五感への刺激、大切なのですね。
意識して感じることを心掛けてゆきたく思いました。

楽しく聴かせていただきました。禁止されているにも関わらずそれを破るということは、学びたい、知りたいという好奇心だと思います。進歩したいという思いです。

男性と女性の違いについては成る程と納得します。まさにその現実が私の目の前にあります。全くの進歩の無い男性です。やりたい事があるが、私が家の中の事をやらないから、俺が全てやっている。何もやらない私と結婚して後悔してる、と言っています。私は掃除、洗濯、食事の支度、40年以上続けています。
夫は退職してから家にずーっといますが、私が仕事をして家に居ない事が大いに不満の様です。私はあえてそうしていますが。

夫は何かにつけて(俺ばかりがやっているとか、俺がやってやったから、とか言います。周りとなにかと揉めています。私は聞き流しています。

やってやったと言ってもやってもらわない方が良い事も多々あります。男性のdoingを知って理解できました。
そして、世の女性が夫ではなく、友人や一人での旅行や行動が多い理由も納得がいきます。でも大半の男性はこの事に マッタク 気がついていません。男性がこの事に気がつけば男性の老後はハッピーになると思いますが。とくに 女より男は偉い、と勘違いをしている男性にとってはです。管理職は家庭の中では要りません。男性も一人の人間です。自分の事は自分で出来ないと浦島太郎さんです。

鶴の恩返し、ありがとうございました。

女性に生まれて良かったなと思いました。確かに、女性には成長段階が用意されているとは思ってるんでましたが、それはとても楽しいです。

夫も仕事や趣味だけで充実しようとはせず、女性っぽさを身につけて人生の成長を楽しんで欲しいものですけど。

仕事をしている自分が一番偉いと思っているので、観る事は今のところ想像出来ませんが…。仲の良い夫婦、家族とはそこにあるかなと思いました。