「白雪姫プロローグ」の音声を聞いた方々の感想をご紹介します!

白雪姫の音声を聴くにあたって、ストーリーを忘れていたので、インターネットでどの様な話だったのか調べました。こんな話だったなぁ〜と思い出したところで音声を聞いてみました。とても勉強になりました。

私は、0歳の娘がいます。今、この音声を聴けて本当に良かったと思いました。これを知っているだけで、今後娘が成長していくにあたり、接し方など柔軟に対応する必要があると前もって知れたからです。
また、子育てをしていく上で必要な知識だと思うので妻にも聴いてもらおうと思いました。

人間には、自分で気づかないことがあるのだと勉強になりました。

この音声を聞いて、白雪姫からそんな事につながっていくのかと思いました。

確かに、物語で義理母が白雪姫をいじめてたな、そんな記憶はありました。
話を聞いていくと、それも母性の一つ!なるほど!

母性と聞くと、良いイメージしかたなかった私ですが、ポジティブな面、ネガティブな面。それをひっくるめて母性!

今子育てをされている方、是非知っておくのと、知らないのでは、いざという時の子育てに生かせると思いますよ。私も嫁に聞かせてみます。

現役で子育てをおこなっているお母さんに特に聞いて欲しいです。

私も小さい子供がいます。なぜ、子供の幸せを願う反面、厳しく否定してしまうことがあるのだろうと悩むことがありましたが、この音声を聞いて納得しました。これから先、この考え方が必要になる時が、必ず来ると思います。

貴重なお話、ありがとうございました。

生きていくのがラクになる。

この言葉を聞いて、なるほど、知的な方はこういうことをヒントにして人生をうまく立ち回っているのだなと思いました。

究極の選択を昔は日常として行っていて、今は大変恵まれているのだと実感しました。物語の真理というと難しそうですが、非常にわかりやすく感じました。

神話の音声を聞かせて頂き、神話には色々な意味があるのだと思いました。

人生にはハプニングがつきものですが、落ち込んで何もする意欲がなくなったりしても時間をおいて考えて、それをもとにプラス思考に考え方を変えようと思います。

常にチャレンジ精神をもって頑張ろうと思いました。
ありがとうございました。

童話のストーリーのなかにある意味について、これまで考えたことはなかったのですが、このようにひとつひとつの出来事のなかに奥深い意味があり、私たちに享受してくれていることを知ったなら、童話の読み方も違ってくると思いました。

また、童話だけでなく、私達一人ひとりの生についても同じように意味があることが解れば、「生きる」ことの意味、日々の生活とのつながりに深くかかわってくると思いました。

「自分を見ている自分をつくる」という言葉が印象的でした。

白雪姫の物語はなんとなくしか覚えてなかったのですが、母性とは?などこの物語の中から読み取れるなんておもいもしませんでした。これから思春期に入っていく娘がいるので、興味深い内容だと思いました。

母性に含まれる激しい感情、実は継母で表現されていたしらゆき姫の継母の設定は原作では実母だった・・衝撃でした。「本当は怖いグリム童話」、そこに語られていた本当に後世に伝えたかった内容、早く聞いてみたいです。

自分の娘は、とてもかわいいですし、出来る限りの時間と、身体を使ってあげたいと思いますね。
母にはよく家から追い出されたので反動もあるのかもしれません。

ところで、眠り姫のアナザーストーリー、映画マレフィセントでは、3人の妖精が育てて、真実の愛のキスは、マレフィセントからでした。

女王さまがおかあさんのはずなのに。
15年離れていた実母より、マレフィセントの方が、愛が深いのか?!
読みといたら、また教えてください❗

私は既婚ですが、子供は居りませんので、母性のプラス面、マイナス面を考えたことはあまり有りませんでした。 
しかし、この話を聞いて、娘という立場から見ると、何故母親がひどいことを言ったりやったりするのか、ずっと心の中でモヤモヤしていることに合点がいくのかな、という気がしました。  

まだ本編を聞いてないので分かりませんが、何か『自分の気づき』に繋がればいいなと思います。

私は67歳です
母と娘は固く結ばれていて、どんなことがあっても修正可能な関係にあると62歳くらいまで思っていました。

しかし、5年位前私を守るために私のモラハラ夫(娘の父親)に意見をして、激論になり泣かされ娘の精神が侵され崩れました。

それから母娘の関係も崩れ娘は孤立して、子供を虐待して泣いています。

私は私とモラハラ夫の影響がないように、娘を守ってきたつもりでいました。
だから、普通の母娘の関係と思っていました。

しかし、夫婦の仲が悪いのは娘を虐待していたと同じですよ・・・と、カウンセリングの方に知らされた時は、衝撃で理解できず、本を読み、理解するのに1年はかかりました。

今は、手遅れの状態で、不安恐怖症で家族を巻き込んで本人も苦しんでいます。

モラハラ夫が家族を巻き込んだように、歴史は繰り返されました。
娘には一刻も早く元に戻って、明るく楽しく健康に人生を送って欲しいと願うばかりです。

私がポジティブに育てられたので、ネガティブ的考えができていませんでした。
そして、ネガティブな人の心理が理解できていませんでした。

最愛の娘の変化で知らされました。
まだまだ、未熟な母親ですが、「白雪姫プロローグ」で、再考の機会を与えられました。

もっと、スピリッチュアルな方面を深く勉強したいと思いました。
宜しくお願いします。

母性反応について…
私も娘がいますし、私と母、私と娘、どちらも改めて今後の関係を考えてみたいと思いました。
ありがとうございました。

この物語を聞いて、親子関係について考える機会が持てました。

今の私は、よく理解が出来ていないので、また聞き返してみます。

母性は良い面だけではない。この事実に目から鱗で、胸のつかえが取れた思いがしました。
実際娘を育てていて、2〜3歳の時期に白雪姫の継母の気持ちがわからないでもないな‥と人には言えないものの思っていました。

まさに、小2の娘とバトルをしている時期でこのセミナーを聞き、考え方が変わりました。

年輩の人達からの子育てについてアドバイスされて、なぜか反発したい気持ちや落ち込む事がありました。
世間の理想を押し付けれていた事が分かりました。

子供の笑顔を基準にしながら、もっと真理について知りたいと思いました。

誰もが直感で行動してしまってはとんでもないことになるけれど「親が絶対」である、という考えほど危険なものはないと思う。

話にも出てきた大黒柱である父親の存在はとても大きいけれど様々な事情でそうではない家庭があることに対して見下したり何かが欠けていると思わせる社会の見方のほうにも問題があると思う。

ネガティブな感情は根を持つと大きく成長し有害な芽を出す。必要なストレスを上手くポジティブに変換する方法・不必要な思い悩みをエネルギーに変換する方法があると一番だと思う。

白雪姫の話は子どもの頃読んだ記憶がありますが、出て来る数字の意味など考えたこともなく、とても興味深く思いました。

また、母親が子供を慈しむ反面、憎むこともあるということが昔から(グリム兄弟も見聞きしていたのでしょう)あり、それは現在でも子供を虐待している母がいることで理解できました。

母親にはその両面があることを踏まえて、負の感情も受け入れることで子育てが楽になるのかなと思いました。ぜひ続きのお話もお聞きしたいです。

母性と聞くと、優しく子供思いの素敵なお母さんという良いイメージしかありませんでした。実際、自分が母親になってみて母性溢れる母親とは程遠いなぁ〜と感じていましたが、このプロローグを聞いて、真逆の感情もまた母性の一部と知り、驚きと共に少し安心?というか、今の私も母親なんだと、自分を少し許せる気持ちになりました。

『母性にはネガティブな面もあり、ポジティブとネガティブの両側面が上手くバランス取れることで本来的な働きが出来る。』
ということを聞いて、

『そうか~、そうなんや~』

と何かしら自分にOK出されたような気持ちになり、嬉しく思いました。
ネガティブ=悪=否定という観念が、なくなりました。

母親に、キツイことを言われ続けて大嫌いでしたが、それが娘の自立に繋がっているとは驚きです。
矛盾だらけの母親と思っていましたが、本来の母性であったと腑におち、初めて感謝することができました

立場変われば話が全く別物になるという事を理解しました。

この解釈、全体的に自然で私の胸にはストンと落ちました。7人の小人に預けられ最低限の事が出来るようになり、一人前となった白雪姫。魔女裁判。或いは事実を知った王様の手まわし。

時代背景を考慮するとどれもありそうで面白い。娘の母親になった今だからこそなるほどなぁと深くうなづけるものがあります。

夫は娘を溺愛しますからね。
娘は娘で日に日に美しくなっていきますし。

娘がある程度自分のことを出来るようになったら母親の私は用無しなのか?と感じていた事を思い出しました。

そしてこの様な解釈も健全に働く脳があってこそ。ですね。

母性に含まれる激しい感情、実は継母で表現されていたしらゆき姫の継母の設定は原作では実母だった・・衝撃でした。「本当は怖いグリム童話」、そこに語られていた本当に後世に伝えたかった内容、早く聞いてみたいです。

自分の娘は、とてもかわいいですし、出来る限りの時間と、身体を使ってあげたいと思いますね
母にはよく家から追い出されたので反動もあるのかもしれません
ところで、眠り姫のアナザーストーリー、映画マレフィセントでは、3人の妖精が育てて、真実の愛のキスは、マレフィセントからでした。
女王さまがおかあさんのはずなのに。
15年離れていた実母より、マレフィセントの方が、愛が深いのか?!
読みといたら、また教えてください❗

私は既婚ですが、子供は居りませんので、母性のプラス面、マイナス面を考えたことはあまり有りませんでした。 
しかし、この話を聞いて、娘という立場から見ると、何故母親がひどいことを言ったりやったりするのか、ずっと心の中でモヤモヤしていることに合点がいくのかな、という気がしました。  
まだ本編を聞いてないので分かりませんが、何か『自分の気づき』に繋がればいいなと思います。

私は67歳です
母と娘は固く結ばれていて、どんなことがあっても修正可能な関係にあると62歳くらいまで思っていました。

しかし、5年位前私を守るために私のモラハラ夫(娘の父親)に意見をして、激論になり泣かされ娘の精神が侵され崩れました。

それから母娘の関係も崩れ娘は孤立して、子供を虐待して泣いています。

私は私とモラハラ夫の影響がないように、娘を守ってきたつもりでいました。
だから、普通の母娘の関係と思っていました。

しかし、夫婦の仲が悪いのは娘を虐待していたと同じですよ・・・と、カウンセリングの方に知らされた時は、衝撃で理解できず、本を読み、理解するのに1年はかかりました。

今は、手遅れの状態で、不安恐怖症で家族を巻き込んで本人も苦しんでいます。

モラハラ夫が家族を巻き込んだように、歴史は繰り返されました。
娘には一刻も早く元に戻って、明るく楽しく健康に人生を送って欲しいと願うばかりです。

私がポジティブに育てられたので、ネガティブ的考えができていませんでした。
そして、ネガティブな人の心理が理解できていませんでした。

最愛の娘の変化で知らされました。
まだまだ、未熟な母親ですが、「白雪姫プロローグ」で、再考の機会を与えられました。

もっと、スピリッチュアルな方面を深く勉強したいと思いました。
宜しくお願いします。

母性反応について…
私も娘がいますし、私と母、私と娘、どちらも改めて今後の関係を考えてみたいと思いました。
ありがとうございました。

母性は良い面だけではない。この事実に目から鱗で、胸のつかえが取れた思いがしました。
実際娘を育てていて、2〜3歳の時期に白雪姫の継母の気持ちがわからないでもないな‥と人には言えないものの思っていました。

まさに、小2の娘とバトルをしている時期でこのセミナーを聞き、考え方が変わりました。
年輩の人達からの子育てについてアドバイスされて、なぜか反発したい気持ちや落ち込む事がありました。
世間の理想を押し付けれていた事が分かりました。
子供の笑顔を基準にしながら、もっと真理について知りたいと思いました。

誰もが直感で行動してしまってはとんでもないことになるけれど「親が絶対」である、という考えほど危険なものはないと思う。

話にも出てきた大黒柱である父親の存在はとても大きいけれど様々な事情でそうではない家庭があることに対して見下したり何かが欠けていると思わせる社会の見方のほうにも問題があると思う。

ネガティブな感情は根を持つと大きく成長し有害な芽を出す。必要なストレスを上手くポジティブに変換する方法・不必要な思い悩みをエネルギーに変換する方法があると一番だと思う。

メルマガでご案内いただきまして、拝聴しました。白雪姫の話は子どもの頃読んだ記憶がありますが、出て来る数字の意味など考えたこともなく、とても興味深く思いました。

また、母親が子供を慈しむ反面、憎むこともあるということが昔から(グリム兄弟も見聞きしていたのでしょう)あり、それは現在でも子供を虐待している母がいることで理解できました。母親にはその両面があることを踏まえて、負の感情も受け入れることで子育てが楽になるのかなと思いました。ぜひ続きのお話もお聞きしたいです。

母性と聞くと、優しく子供思いの素敵なお母さんという良いイメージしかありませんでした。実際、自分が母親になってみて母性溢れる母親とは程遠いなぁ〜と感じていましたが、このプロローグを聞いて、真逆の感情もまた母性の一部と知り、驚きと共に少し安心?というか、今の私も母親なんだと、自分を少し許せる気持ちになりました。

『母性にはネガティブな面もあり、ポジティブとネガティブの両側面が上手くバランス取れることで本来的な働きが出来る。』
ということを聞いて、
『そうか~、そうなんや~』
と何かしら自分にOK出されたような気持ちになり、嬉しく思いました。
ネガティブ=悪=否定という観念が、なくなりました。

母親に、キツイことを言われ続けて大嫌いでしたが、それが娘の自立に繋がっているとは驚きです。
矛盾だらけの母親と思っていましたが、本来の母性であったと腑におち、初めて感謝することができました

白雪姫って3回も殺されそうになってたのですね。
幼稚園の時に白雪姫の劇をしたこと、大人になってからもディズニーの映画でも見てるはずなのに結構内容忘れてるもんだなぁと思いました。
本編も聞いてみたいです。

いつも目からうろこのお話を届けてくださり、ありがとうございます。

「本当は怖いグリム童話」というのを読んだことがあったような気がします。

時代の背景がわかるとイロイロなことが見えてきて、なるほどとなっとくします。

親子の関係について、母性というものを勘違いしていました。私も自分の育て方が悪かったのか…と思っていました。

続編を聞いてさらに学んでいき、他のかたにも伝えたいなと思います。

母性にはポジティブ、ネガティブな両側面があり、それらのバランスがとれてこそ機能する、ということをはじめてきいて驚いています。

白雪姫は心理学で研究されていますよね。母と私の関係に似ているのでとても面白いです

全ての物事には表裏が、ポジティブ、ネガティヴな面がある事。切り離せないという事。両面を知る事で、その物事の全体像が見え、物事の本質が見えてくるのだ感じました。