画像の説明

「キリギリスになるんだ…」
そう声をかけられたなら、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?

きっと、ほとんどの方は「アリとキリギリス」を思い浮かべ、「遊んでばかりではダメ。アリのようにせっせと仕事(勉強)しなければ…」そう感じとるのではないでしょうか?

このように、神話や昔話には普遍的な"真理"が語られています。したがって、私はお母さん方に「勉強をしなさい!」ではなく、「キリギリスになるんだ…」と子供に声掛けをするようにお勧めしています。

普遍的な心理ですから、ハデなノウハウはありません。しかし、人生における憲法と言えるほど大切なことを、神話は語っています。ご興味のある方は、今すぐ「小人と靴屋」の無料音声セミナーをお聞きください。


「小人と靴屋」

✔小人とはいったい何を意味するものなのか?
✔なぜ、小人は裸なのか?
✔服を与えられた後、小人が現れなくなるのはなぜなのか?
考えながらお聞きください。

                    
                        
この音声の感想はこちら!


小人と靴屋の音声の感想を以下のフォームより送ってくれた方には、
白雪姫3部作の「白雪姫プロローグ」の音声セミナーをプレゼントします。

【白雪姫3部作】

1.白雪姫プロローグ
2.白雪姫をユング派の心理学者が読み解くと…
3.時代背景からみた白雪姫

※ クリックすると音声セミナーの感想がご覧いただけます。


画像の説明

無料音声セミナー



どんな遠くに旅をしても、

その距離だけ内面へも旅をしなければ、

どこへも行きつくことはできません。

- リリアン・スミス -


今月の音声セミナー

「鶴の恩返し」や「鶴女房」、「浦島太郎」

「見るな!」「開けるな!」と、禁止の物語は世の中にたくさんあります。

さて、これがどんな意味をもつのか?私なりに考えてみました。

私が出した結論は、「〇〇を見ること!」

これが、禁止の意味なのだと私は解釈したのですが…、
あなたはどう思われますか?

LINE@にご登録いただくと、パスワードがお手元に届き今月の音声セミナーが無料でお聴きいただけます。

画像の説明

}}}






「私はだぁれ?」

「どっちが本当の自分なのか?それがわかりません。」

若い人や女性に多いのですが、よく、
「自分がわからない」と口にされる方がいらっしゃいます。

たとえば、震災で被災された方々の映像を見ると
誰もが「助けてあげたい」という気持ちになります。

そして、「ボランティアに行こうかな」と…

⇒ 続きはこちらから